0245cayonne

 

異名:Entrecastellen, Plant d'Etranger, Race De Montfort, Roulette de Soumamace

原産国:フランス

用途:オイル

特徴:楕円形の小さめの葉が密生し、剪定すると美しい樹形になります。


植物的特性:

カヨンの樹勢は強く、横広がりの習性があります。短めの楕円形の葉です。一年おきの収穫量の差が大きい隔年性があります。
栽培して3年目には花が咲きます。また灌漑することでよい品質の果実が生産できます。花が咲く時期は普通です。不完全花の割合は普通です。花粉の量も普通です。
果実
早生で、実は卵形をしています。表面はなめらかで、突起があります。
病害虫
オリーブフライに対しては弱いです。また寒さにも弱いです。
受粉木
自家不和合で授粉のために他の品種が必要ですが、他の木の受粉木としても評価されています。

 

果実とオイル

実は熟すると黒くなります。

オイルの特性:オイルはフルティーでバランスがよいオイルです。ブレンドオイルにも用いられます。

商業的特徴:

この品種は、フランスのバール地方、南部、さらにアルジェリアで主に栽培されています。アルジェリアでは、Roulette de Soumamace という名前で知られています。

 

形態学的特徴:

習性           スプレッド
成長力             強い
形状             楕円
長さ        
幅          
果実
重さ              普通
形状              卵形
相称           
直径が最大の場所      
頂点の形         
茎に近い所の形     
頂点の突起           在る
皮目              ない
熟したときの色         黒
内果皮
重さ        
形状       
相称          
直径が最大の場所      
頂点の形         
茎に近い所の形      
表面            
ミゾの数        
頂点の終わり部分     

遺伝子情報:

参考文献:Wikipedia_cayon